登山後の絵

霧島連山の大浪池の池登山仲間が大岩の上で片足で立つ事が印象に残りました。 岩宇土山の鍾乳洞の中から、撮影した事が、素晴らしい思い出になりました。絵を描く、それも山から帰った後に。 思い出は、まず写真にして残す事か多いもの。私もそうでした。九重の山々を登ったあと、法華院山荘に泊まりことになりました。その時山荘横で、女性が前方の…

続きを読むread more

福寿草は4種に

九州山地では、いわゆる”福寿草”として取り扱われてきました。 近年の研究成果により4種に分類されることが明らかになったとのこと。   ①ミチノクフクジュソウ   ②フクジュソウ      ③キタミフクジュソウ   ④シコクフクジュソウ 山での盗掘が後をたちません。 山の植物は下界の持っていっても育てるのは…

続きを読むread more

岩宇土山 福寿草 2021年2月25日

                                                                          岩宇土山 1347m 福寿草鑑賞登山は2月下旬ごろがいい。 長年の経験より、2月初旬から中旬は蕾の状…

続きを読むread more

岩宇土山の姶良市の男性

2月25日(木) 登山では同じ山仲間として挨拶は当然。 行き違いでも、そこの数秒もしない時間。 積極的にこちらか挨拶をすると相手からも返ってきます。 これは日常生活でも大事なことは当然ですよね。 この日は駐車場に先客車が5台。 既に出発していました。 岩宇土山々頂から下ると、出会いがしら。 直進すると…

続きを読むread more

ロビンソン・クルーソー

『漂流の島』 江戸時代の鳥島漂流民たちを追う  高橋大輔著 ロビンソン・クルーソーにモデルがいたのですね。 スコットランド生まれの船乗りアレクサンダー・セルカーク(1676-1721) 南太平洋の無人島に漂流した彼は、野生のヤギを捕らえて食べ、小屋を作り、 1704年から1709年までの4年4ヶ月を一人きりで生き…

続きを読むread more

5cmの積もり雪にまいった

世の中というものは、当然のごとく捉えている事象と、それに反する事象にとまどう人々、地域があります。 雪の積もり方にしてもそうですね。 鹿児島地方は17日の深夜から18日の朝にかけて雪が降りました。 私の帰宅時間は午後11時30分。 会社を出た直後は雪交じりの雨が少々。 それが20分もすると雪に。 …

続きを読むread more

オジサンのバレンタインデー

『義理の反対語は本命』かどうか? 2月14日はバレンタインデー 商魂たくましいどこの商人が考えたのか、日本にしっかり根づいています。 一番華やかさの頂点は昭和の後期だったのでは。 山と積まれたチョコの山が、平らな原野に戻るのは時間の問題。 小さな子供から、低学年、果てはジちゃまも、おばっちゃも我…

続きを読むread more

根深ネギの発芽方法 失敗なし

自分の手で作る喜びは、それが失敗作であれ、成功作であれ、そこには満足感がありますね。 作物などの日数を要するものは成功すると心底から嬉しいものです。 失敗は逆ですが。 失敗したらどこに原因があるか考えるのもいいもの。 さて、春作は普通は春ジャガイモから始めますが、私の場合は、根深ネギから。明日は休みで床作りします。 …

続きを読むread more

2月に入り

節分は恵方巻を食べて今年の健康を祈る。 今年からは、内臓を念頭に健康を維持をします。 外から内から、自分の健康体を。

続きを読むread more

今に思えば  『法華院山荘』

6年前の仲間との集合写真をガツンと掲載しました。 九重山の『法華院山荘』での食事です。 皆さんのお顔は活き活きと。 一泊二日の登山で宿泊でした。 ここからわずかの距離に『坊がつる』のテントでの宿泊を考えたのです。 しかし、中にはテント泊の苦手な方がもいます。 『法華院山荘』利用は5回目。 料…

続きを読むread more

霧島山系 大浪の池 1411.4m 周遊登山

新型コロナの影響で、外で活動する機会も少なくなったと聞きます。 山はどうかというと、意外と多いのです。 小学生の姿もよく見られます。 家にいるより健康にもよく、空気も遠慮なく吸えます。 新年になり4回目の登山になりました。 健康維持のための一つに登山。 単独登山も多いのですが、今回は友人と二人の登山でした。 登山でも密を避…

続きを読むread more

今、残念に思うこと

後方の山は、薩摩富士と呼ばれる『開聞岳 (かいもんだけ』です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 葬儀も時代とともに大きく変わりましたね。 今は、葬儀会場が慣例。 私が小学3~4年のころは、そういう会場がなくて、個人宅で行われ、それが普通。 親戚の葬儀のときのお坊さ…

続きを読むread more

恋之原

阪神・淡路大地震から26年。 1月17日 午前5時45分地震発生。 6434人の方が亡くなりました。 黙とう。  大阪に住む姉宅も被災。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー さて、本題に入ります。 鹿児島の酒はサツマイモを原料とした芋焼酎(いもしょうちゅう)。 鹿児島弁では、ショチュ…

続きを読むread more

今日から、貸家の清掃に入ります

貸家の取り決めが2つあります。 ① 庭のオオゴンマサキ、サルスベリ等の樹木の剪定 ② 雨どいの降灰除去 半年に一度、借主さんが仕事に出ている時間帯に。 自分も仕事をしているから限られた時間に、2~3時間でしょうか。 コツコツと作業するのです。 ②の桜島降灰は脚立に乗りますので安全第一。 降灰が多…

続きを読むread more

誠実に

今朝も布団の温もりの中で、全身のウオーミングアップ。 まず、足先から膝へ~腹部~肩~首へ、そして耳のマッサージ、鼻を中心に顔全体と。 特に、身体の基本になる腰はユルユル体操で、仰向けにそして腹ばいでバッチリ。 これをやると腰痛とは縁遠いものになるのです。 寒い冬は布団の中から一日がスタートです。 自分の身体にも誠実に奉…

続きを読むread more

白山(793m)~横岳(1094m)登山

令和3年(2021年) 1月2日(日) 白山(793m)~横岳(1094m)ミニ縦走 所要時間   往復時間 約5時間10分 鹿児島県 大隅半島 高隈山系 相当な登山者の訪れがあり道筋はしっかりしています。 赤いテープもこれでもかというように随所に。 登り登りまた登りの連続です。 白山登山…

続きを読むread more

令和2年 2020年ありがとう

健康で日々元気な毎日でした。 風邪を少々。 それは1日で完治。 原因は寒い服装の為。 健康というものは、若い時、特に20代後半からの食事、運動が大事ですね。 飲酒はほどほどに。 タバコはやらない。 健康体を常に忘れることなく生活リズムを整えることと思います。 それは精神の保持といいましょうか、リズミカ…

続きを読むread more

『 赤毛のアン 』読後感想

Anne of Green Gables  赤毛のアン    L ・ M モンゴメリ 一言で表現するならば、すがすがしくて、清らかな、滑るような魅力ある物語。 まるで言葉に翼があるように ①自分の周りにある自然の生き物を感受性の高い言葉で言い表わす。 ②それは、まるで…

続きを読むread more

鹿児島市 赤崩山(あかぐえやま)578.7m を登る

43095_20170328180603-1.pdf 赤崩山は鹿児島市中心部より車で25分ぐらい。 県立青少年研修センターに近い山です。 以前のコースは崩壊し危険、その後重機が入りズタズタ。 登山口、登山道さえも見当たりません。 研修センターから車で5分ぐらいゴルフ場側に走り、左の舗装された登り道を入り…

続きを読むread more