ノンキーハイカーズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 山岳保険について

<<   作成日時 : 2017/12/23 14:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

画像



登山途中で道迷いを経験した仲間がありました。
夜の12時過ぎに通りかかった警察、消防隊により助かったのです。

A山に登山して下山中ちょっとした所でコースから外れ、山中を数時間。

山道に出ると下から警察、消防車両が上がって来て 「貴方たちですか。緊急連絡してきたのは」

ということは他にも危険な目にあっている登山者がいたのです。

当人たちは連絡なんてしてなかったのですが、たまたま通りかかった警察、消防車両にでくわしたのです。


後日、集まりがあったとき 『山岳保険』 を知りたいとの話がありました。


救出にかかる費用を重点に保険会社に。

救援者費用  500万円   年間1回払い 2090円
         

          300万     年間1回払い 1970円

●1〜2日間限りは 500円で300万円

●70歳以上は500円で300万円

これを高く見るか安く見るか。


例)
ヘリコプター 1時間 50万円
おおよそ6時間になれば 300万円


長期捜索 日当 1人当たり3万円

          10人×3万=30万円

このようで報告しようと思います。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
道に迷ってしまって、裏山をさまよったという人いますね。 保険に入るほど山登りしない人が危ないのかもしれません。
What's up?
2017/12/24 10:05
無事戻れてその方、良かったですね。登山をしない私は山岳保険が日本にもあることは知りませんでした。スイスにはあります。周りが山だらけ、しかも国外からもたくさんの登山者がスイスを目指してきます。当然保険に加入しないと、に万が一の場合捜索の経費負担が家族にかかります。加入していれば安心ではないでしょうか?
arara
2017/12/24 20:28
配布する説明書を作成しているとつくづく保険に入っていた方がいいと思いました。捜索費用を重点にしていますが怪我の場合も幾らか出ます。登山のたしなみの一つと思います。
What’s upさんへ
2017/12/25 09:40
見知った山でも低山でも起こりえる、それが登山時の事故ですね。表面には出ていませんが意外と大掛かりな捜索する事故は多いらしいです。いつどこで助けられるか。車保険と同様登山者は必要と感じました。
araraさんへ
2017/12/25 09:46
昔、学生時代に覚えた歌に「娘さんよく聞けよ、山男にゃ惚れるなよ・・・」ってのがありました。
山の恐ろしさだけでなく救助にかかる費用で家がつぶれるなどの話を聞きました。
今回上の欄に見る限り思ったほどの額ではないにしても、やはり大金。昨日も70歳の方3人が山で亡くなっておられました。この寒い中そこまで山が好きなんですね。
nibari1498
2017/12/27 09:47
千葉県の1100メートルほどの山での事故でした。昨日は心肺停止状態で発見されて救助されたと聞きましたが、一夜明けるとお亡くなりになりの報道が。原因は滑落と聞きました。登山は慎重さが大事と改めて認識しました。
nibari1498さんへ
2017/12/27 10:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
山岳保険について  ノンキーハイカーズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる