ノンキーハイカーズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 殿の道…山道を抜け

<<   作成日時 : 2017/04/20 11:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 10

北薩の紫尾山の近くにある通称殿の道に一人で向かった。
参勤交代のとき上京するときに使った道である。

といっても私には当時は抜け道だったと思う。
何故なら勾配のある山を抜けるより下の川沿いを行った方が早いような気がする。

ここは石堂山から山道が続いていたと思う。
山肌がくりぬかれたようにポッカリと道らしきものがある。


石堂山登山口から20m先を入る。
土砂捨て場と化した所に車を停める。
『殿の道』の説明板があるが登り口が見当たらない。
私は伐採され崩れた開けた尾根の下を進んだ。
後で分かったことだが駐車したすぐ前を進むと道らしきものがある。
しかし、10分ほど余計に登ることになる。

どれが『殿の道』か判断しづらかった。
山肌に窪みの道が続いている。
これをたどるとどうにか先に進めた。
倒木が多く途中は『赤のテープ』の目印も少ない。

高低差はさほどないがひたすら登る感じである。
左に『山の神の祠』がある。
意外と旅人が命を落としたところかも知れない。

先に進むと一つの小高い山頂の『平四郎』への標識がある。

三等三角点の山頂付近はカヤに囲まれて展望は全くない。

カヤは2mほどの高さ。
注意することは登ってきた方向を間違えないこと。
誤ってとんでもない方向に降りて道迷いになることである。
こういう場合目印をしておく方法が良い。
私の場合は登山用の杖を立てておく。

以前、これを怠り低山で違う方向に降りて難儀した経験がある。

この後『平四郎』を降りて北道を引き返す。

君名川上にはいつの日か歩こうと思う。

山道を振り返ると人気の全くない、道筋がわかりづらい、他人、一人にはお勧めできないところであった。



画像


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
薩摩の殿様の参勤交代は遠くて大変だったと思いますね。
まあ、遠いから島津藩も強い力を得ることができたという利点もありましたね。 殿の道、興味深いですね。
写真きれいですね。
What's up?
2017/04/20 12:03
素晴らしい写真を見せてもらいました。桜島の背景の空の色がきれいです。
桜島はもくもく状態ですねー。良く皆さん、平気に暮らしていると思います。危険はないのでしょうか?
arara
2017/04/21 05:35
コメントありがとうございます。
薩摩藩の石高は一時100万石ともいわれています。
参勤交代の折、今回の紫尾山奥の通称殿の道、白銀坂(しらかねさか)にしても郷土を抜けるには山、山の連続で大変だったと思います。
特に道具運びの下士の方々は。
What’s upさんへ
2017/04/21 09:08
コメントありがとうございます。
大したことはない!!ズバリ言えます。大正噴火、昭和噴火と桜島の歴史に刻まれていますが、農産物の被害はあれ人的被害はそうないですね。爆発時は降灰には悩まされます。
araraさんへ
2017/04/21 09:15
こんにちは。
ま〜っ、綺麗な山、写真…と思ったら桜島なんですね。
ぱっと思いつきませんでした。お恥ずかしい
人っ子一人いない、道案内も不安な山にお一人で登られて恐くはありませんでしたか?
山道に慣れたノンキーハイカーズさんだからこそ、なのでしょうね
イエティ1号
2017/04/21 12:35
写真、素晴らしい
>『殿の道』
駕籠を担ぐ人は、大変だったでしょうね
参勤交代がある国なのに、馬車などがなかったのが不思議ですよね
もうヘトヘト
2017/04/21 20:39
大名の参勤交代は道中旅は必ず駕籠と定められていました。石取りの旗本は馬ですね。駕籠を担いだり、桶、替え着、ふろ、などを運ぶ下人はさぞ大変だったでしょうね。
そんな時代の足軽、若党、下人などに生まれてなかったよかった!
nibari1498
2017/04/23 08:49
コメントありがとうございます。

私はいま 新築の家に住んでいます。前の家(貸家)は部屋の机の前から桜島がズドンと見えていました。
今はそうでなく降灰の時がわからず大変です。

山慣れてはいますが低山でも気を抜きません。
特に初めての山は真剣ですよ。
イエティ1号さんへ
2017/04/24 11:52
コメントありがとうございます。

薩摩の島津家は大藩だったのですが、参勤交代は金もかかるし凄い苦労したと聞いています。特に下士は大変だったでしょう。
もうヘトヘトさんへ
2017/04/24 11:56
コメントありがとうございます。

nibari1498さんの紹介で苦労がしのばれます。
薩摩藩は山に囲まれているといってもいいですし、江戸までは日本で一番遠い藩。難儀苦労したでしょう。
nibari1498さんへ
2017/04/24 12:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
殿の道…山道を抜け  ノンキーハイカーズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる