ノンキーハイカーズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 私の夏の高校野球の思い出

<<   作成日時 : 2016/08/01 11:00   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

延長試合は15回までが今の高校野球のルールです。
今年の鹿県の夏の決勝は鹿児島実業高校と樟南高校になりました。
決勝戦らしくピッチャーの投球内容が素晴らしく、キレのある球を投げていました。
延長15回でも決着できず、翌々日に再試合。

結果は樟南高校が3=2で勝ち、甲子園に出場します。

実は私も高校球児でした。
ベスト4をかけて指宿商業との対戦でした。
相手のピッチャーは、その後西鉄ライオンズに入団した永射(字が違うかも)投手でした。
ホームベース前で伸びのある球がきて、ピシッとうなりをあげていました。
試合は延長戦に入り、18回になっても決着がつかず翌日再試合でした。

今と違い延長は18回まで、翌日再試合。

結局敗れてしまいました。

その時の私たちのピッチャーは、現在、鹿県の某市の市長になって活躍しています。
彼の投球はコントロールが抜群で、球威はありませんでしたが、要所はピシャリと抑えていました。

私の場合は強肩が売り物で、外野奥からノーバンドで地面を滑るように本塁まで返球していました。それもストライクで返球しますので、キャッチャーもホームベースにしっかり着いておればアウトをとれるのです。
1塁、2塁、3塁、本塁上で相手を刺すたびに球場がウオ〜〜ッと鳴り響きました。ヒットを打っても相手のコーチャーは進塁を止めていました。肩の強さには物凄く自信がありました。

今のイチロー選手以上の肩をしていたと思っていますし、OB会の席上でも認めてくれます。

今はいい思い出です。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
高校球児だったんですか。
強肩の外野手、ピッチャーも心強かったと思います。
私たちのころはサッカーもなく、野球の選手は花形でした。選ばれたのは、才能のある友達ばかりでした。
What's up?
2016/08/02 09:42
私の夏の高校野球の思い出は、たまたま応援だったこともあり黒の学生服のままで応援に駆り出され、よくぞ熱中症で倒れなかったものだと今も思い出します。服も汗でぐっしょりでした。
試合は負けました。
nibari1498
2016/08/02 18:35
学校は勉強しに行かず野球をしに行ったようなものです。一生懸命に取り組んでいました。勉強を同じように取り組んだら、まだ違った道が開かれていたかもしれません。
What’s upさんへ
2016/08/24 11:13
学生服ままの応援は相当暑かったことでしょう。じっとしておらず体全体を動かすわけだから体力と根性の勝負ですよね。応援があるとないとでは選手の気合の入れ方も全然違いますよね。
nibari1498さんへ
2016/08/24 11:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
私の夏の高校野球の思い出  ノンキーハイカーズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる