ノンキーハイカーズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道の男児行方不明……似たような事例

<<   作成日時 : 2016/06/03 00:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

似たような事件がありました。

私が小学校5年のころ、近所の5歳の子供が行方不明になりました。

夕方、私の家の畑で同じような子供3人と遊んでいました。

2人は先に帰り、一人の男の子が後で帰ると言い残っていたそうです。

夕方6時ごろ子供が帰らないということで、両親が近くの直木派出所に届けました。

そのときの直木派出所の警察官は歌手の長淵剛氏の父親だったと思います。

派出所は伊集院警察署の管轄でした。

夜9時ごろ大勢の警察官、自衛消防団の方々が集まり、地区が物凄い雰囲気に包まれました。

私の家の前は相当な広場があり、パトカー、消防車両の集結も直に見られました。

サーチライトは遠くの山まで照らしました。

付近の田畑、山林、かたぱっし探しましたが見つかりません。

午前1時ごろでも見つからず、今日の捜索は終了となり、また朝の6時ごろから再開とのことでした。

しかし、直木消防団員は自分達の住む地域の子がいなくなったので引き続き探すことに決めました。

近くの山は明日でもできるということで、3人づつ分かれて山道に分け入っていきました。

気質からして獣道みたいなところでも分け入ったといいます。

まさか、こういうところまでは来ないだろうというところまで。

午前4時ごろ永吉町との境まで行ったそうです。

ということは7〜8kmはあります。

そこは山も山、小さな林道を抜けると獣道が待ち構えています。

何故、消防団がそういうところまで行ったのか。

それには訳があります。

その日、私は両親に連れられて地区所有の山に薪取りに行っていました。

両親と昼飯を食べていると頂上付近から子供の泣き声が聞こえてきました。

ワーン、ワーンと途切れ途切れに。

その声はだんだん遠ざかっていきました。

山頂の向こう側に行ったみたいでした。

「おとうちゃん、おかあちゃん、今子供の声が聞こえたよね。泣いていたよ」

「いやぁ〜〜聞こえなかった」と両親。

しかし、私の耳には小さな泣き声であれしっかり聞こえていたのです。

夜、捜索本部のあるところにダメもとで行き事情を話しました。

小学5年の子供の話に誰も耳をかせません。ふ〜〜んそうかというぐらい。

すると一人の警察官が来て

「ちょっと君、こっちに来てもう少し詳しく話してごらん」

パトカーの中で昼間のことを話ました。

「本当に泣き声が聞こえたのだね」


すると、朝早くそこも捜査対象地域になりました。

しかし、若い直木消防団員は

「いやぁ〜今から行ってみよう」ということで行動に移したのです。

私たちが昼間いたところより、まだ先の方。

昼間のことだから、まだ先だろうと。

そこは一月に2〜3人通ればいいという山中です。

何故言い切れるかというと、タケノコ取りに行き、人に絶対会わないと知っていたのです。

3人の若い消防団員でも夜中の山中は怖かったと聞きます。

空腹で出直そうということで帰ろうとしました。

すると、突然近くの藪から獣みたいなものがが大きな音を立てて走り去ったそうです。

バッバッバッと藪をつっ切るような音と凄いスピードと聞いています。

一人の団員がその走り去った後の薄暗い藪を覗くと、行方不明の男の子が座っていたそうです。

腰を抜かさんばかりに驚いたそうです。

「ウアッ〜〜、おった〜、おった〜〜おったど〜〜」

まさか、まさか、こういうところに。

本当にビックリしたそうです。

子供は3人の団員に交代に背負わされ無事に帰ってきました。

団員の話では、まさかこういう所まで子供が来れるだろうかと不思議と不気味さで、どうしようもなかったと聞きます。

後でその子供に聞くと、亡くなったおじいちゃんが

「こっちえへ来い!こっちえ来いと」連れられて行ったとのとです。

これは本当にあった話で、私が経験したそのもです。

北海道の男の子の無事を唯々いのるばかりです。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
北海道の子供、発見されたようですね。
いや、不思議な話ですね。
ノンキーさんが体験されているのだから実話。
そんな事ってあるのですね。
What's up?
2016/06/03 09:20
こんにちは。
発見された大和君。良かったですね。一時はどうなるかと思いましたがホットしました。私の件は事実です。
What’s upさんへ
2016/06/10 10:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
北海道の男児行方不明……似たような事例  ノンキーハイカーズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる