ノンキーハイカーズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 白かね陣の跡

<<   作成日時 : 2015/12/14 13:58   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


戦国時代の文久23年(1544) 9月17日夜、島津義弘公(又四朗)は谷山・鹿児島・下大隅の軍兵とともに、ここ『白かねの陣』へ御大将としてのりこみ、初陣を飾っています。

画像


このとき、義弘公は19歳でした。

『白かねの陣』は蒲生・祁答院連合が立てこもる岩剣城攻撃の重要な最前線です。

戦国島津氏の当主島津貴久は、総力を挙げて攻め続け、ついに10月2日岩剣城を落とします。

この戦いにおける戦功により、義弘公には岩剣城が与えらえました。

江戸時代、鹿児島城下から、『白かなの陣』を下り、帖佐・加治木へ至る道は、鹿児島藩の主要な街道『大口筋』として活用されました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12月8日(火) 快晴 気温20℃

午前中は『鍋登山』に使う材料の確保に追われ、昼から白銀坂(しらかねざか)に出かけました。
バイクで20分。
近くて登山の気分を味わうにはもってこいの山?です。
『坂』と名が付きますが姶良市街から登ると胸につく坂が延々と続きます。
途中で坂道を逸れて、山中に入ると登山の気分になります。

『白かねの陣跡』はそういうところにあります。

当日、山中で出合った方は、ご夫婦・女性2人組・男性一人で、天候の良さも手伝い思ったより多かったと感じました。


画像


島津義弘公初陣の地(推定値)


白かねの陣跡

画像


小さな公園になっています。
光輝く立派な椅子です。

この椅子に座り錦江湾・桜島・眼下の国道10号線を見るのは最高の気分になります。

画像


急な坂が続きます。
画像


石を敷き詰めた街道でした。

画像


紅葉が少し残ります。

画像


帖佐・加治木(姶良市市街)

手前の椅子で食事。

遥か彼方にはボヤケテ見えますが、霧島連山が見えます。
  (高千穂峰・中岳・新燃岳・大幡山・韓国岳・栗の岳)
画像


元気よくかっ歩してきました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
歴史の道ですね。
海が見えるのはいいですね。栃木は海なし県、山から海は見えません。
紅葉はもうすっかり、落ち葉です。
What's up?
2015/12/14 19:49
即、地図を見て栃木県を確認。
恥ずかしながら、海に面してないと初めて初めて知りました。
知っているようでそうでないのですね。
他にもそういう県が幾つあるか確認してみましょう。
What’s upさんへ
2015/12/15 06:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
白かね陣の跡  ノンキーハイカーズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる