ノンキーハイカーズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大浪池(おおなみのいけ) 1411.1mを登る

<<   作成日時 : 2015/07/01 10:06   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像

画像


登山の先輩、その方の会社の同僚(女性)2人、計4人で登った。
画像




梅雨の合間の貴重な晴れ間が覗く1日。
鹿児島は連日の大雨で、全国ニュースで毎日取り上げられている。
雨は一週間も3週間もも止まずズッーーと降り続けている。
止まないのである。


9:00登山開始。
登山道は暑さと、凄い湿気でムシムシ、ムンムンする。
少し歩いただけで、汗が体中にジックリと湧き、頭、顔からしたたり落ちる。

それでも貴重な1日と知ってか、鹿児島、宮崎、熊本ナンバーの車が駐車場一杯であった。
それでも駐車できない車は道路の脇にズラッーと並んでいた。

目的は人それぞれ。
大浪池の風景を堪能しながら1周する人。

オオヤマレンゲ(大山蓮華)などの花、各種胞子類のきのこ?を撮影しながら登る人。
私達は後者の方である。

だから山頂まで35〜40分で登るところを約90分、倍の時間を要した。

登山口からアカマツ、モミなどの巨木の下の石段をコツコツ登る。

大浪池と書くと平地にある池と勘繰る方もいると思うが、ここは山のてっぺんにある。
標高 1411.1m。
コバルトブルーの水をたたえて美女の秘話が伝わる。

一昨年の11月、アベックが登山したのは良かったが、女性が疲労か何かで下山できなくなり、警察、消防が救助に向かったニュースもある。
意外と侮れない落とし穴のある山である。

山頂近くの大浪池避難小屋に着くと、溶岩塊の巨岩に囲まれる。
落ち着いてみると、ここが火口の縁であるとわかる。
静かな湖面に正面の韓国岳 1700.3m(からくにだけ)がくっきりと投影され、すばらしい眺めである。

起伏の少ない大浪池の火口縁を一周する登山道は綺麗に整備されていて、東回りと西回りはほぼ同じ距離である。

途中で火口湖を恐る恐る覗き見るのも勇気がいる。
断崖絶壁から見ると足もすくむ。
画像






画像

画像

画像


画像


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大浪池(おおなみのいけ) 1411.1mを登る  ノンキーハイカーズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる