ノンキーハイカーズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 岩宇土山 と上福根山の登山を振り返る

<<   作成日時 : 2015/06/16 11:13   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

昨年3月、福寿草を求めて8人の仲間と登りました。
8人もいると健脚に自信のある人、そうでない人がいます。
当然グループの歩は進みません。
中には途中で何回も休む人、先に行ってくれと言う人も出てきます。
冬登山は足にくると大変で、そういう人が出ると全員が途方にくれます。
しかし、歩調はそういう人に合わせるのが鉄則で、しっかり見守ります。

『大丈夫ですよ!ゆっくり登りましょう』
『時間は十分ありますよ』
『きつくどうしようもないときは荷物を持ちますよ。遠慮しないでください』

相手に安心感を持たせるようにしています。
画像

しかし、心の中では最悪の場合を想定しています。
休憩、食事中も片時もそういう人から目を離しません。

日ごろの運動不足がたたり思うようにならない、最初から登りに自信がないなど様々です。
画像

そういう人も登山に足を向かせたのも訳があると思います。

山に行こう!!

そういう気持ちを一番に尊重して喜んで迎えています。

画像

一緒に楽しんで思い出になる登山にしよう。

人によっては初めての登山であったり、初めて登る山だったりします。
なかには初めてグループに参加する方もいらっしゃいます。

一つ一つの山、大小にかかわらず登山の時間は大事にしよう。

いつもそう思って登っています。


画像

2月下旬、今年は岩宇土山から上福根山の単独縦走しました。
当然昨年は縦走不可能でした。

岩宇土 登山口に着いたのが、朝5時。
登山スタートが5時30分。
登山者は誰もいなくて、当たりはほの暗い状態でした。
ヘッドライトを点けて一歩一歩進みます。
登りながら呼吸を整える、たとえ急斜面でもそうです。
その方が疲れません。
マラソンと同じ要領です。
休みは1時間に2〜3分です。

残雪の山道でしたが、空気が澄んで軽快に登れました。

上福根山 山頂に立ったとき、昨年は皆を連れて来なくて良かったと思いました。
きっと落伍者がでていたと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
山登りは楽しいのですが、途中はいつもなんでこんなに苦しいのか? もう止めようなんて考えています。
 低い山でも何でも、苦しいのを越えて、頂上に立った気分が忘れられません。
What's up?
2015/06/16 14:37
登るときはきつい思いをしますが、山頂に立った姿を思う浮かべると勇気が湧いてきます。登山は人生と同じような経験をします。というか人生の歩みそのものだと思っています。
What’s upさんへ
2015/07/04 14:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
岩宇土山 と上福根山の登山を振り返る  ノンキーハイカーズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる