ノンキーハイカーズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 発達障害の親子に対して

<<   作成日時 : 2014/07/24 08:26   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


神様は罪なことを平気でしてくださるものだ。
平等に生まれた命を、平等に最後までみていただけたらいいものを。
人の幸せを願い、人に幸せを与えてくれる、それが本来の神様の仕事じゃありませんか。
そういうもんでしょう。
それが手のひらを返したように酷なことをしてくださる。
神の心も普通の人間の心と一緒なのだろう。

私の家の買い物はいつも同じスーパーに行く。
買い物は妻がして、私はガードマン兼、買い物運び兼、運転手兼、買い物を家に運び入れる役の4つを負わされている。これはしかたがないことだと割り切ってついていく。

そのスーパーに発達障害児を連れた母親をよく目にする。
その子について。
大きな声をあたりかまわず出し、手を放すとどこでも飛んでいきそうな子。
その子に最初に出会ったのは小学1年のころであった。
それがもう6年生ぐらいになった。
背丈は軽く親の頭の上にあり、体つきも痩せた母親に対し、ガッシリしていて母親の1.5陪ぐらい。
軽くいなしていた母親の手が、今はブンブン振り回されている。
それでも母親は「○○ちゃん………」と怒ることなくなだめなだめして買い物をして回る。

長年営業しているスーパーだからなじみ客も多く、お客様もこの子を知っているのだろう。
特別な目をして見る目がないところからよくわかる。

その子の母親は子供の手をしっかりつかんで世間話をしている光景もみかける。

発達障害とは
@自閉症
Aアスペルガー症候群
B学習障害(LD)
C注意欠如多動性障害(ADHD)
の4つの総称とのこと。

認識については
@生まれつきの脳機能の障害
A知的な遅れを伴う場合がある
B病気だから治る
Cしつけや環境が原因
D心の病
E集中できない、じっとしていられない
Fコミュニケーションや対人関係が苦手
G聞く、話す、読む、書く、計算する等のうち、特定のものが習得が極端に苦手
H言語や知能の発達に遅れがない
I大人になってから発見する場合がある

私は今
鹿児島県のモニター
鹿児島市のモニターをしている。

鹿児島県のモニターの今回のテーマが「発達障害」について

意見、感想を述べなくちゃならない。

私は神様じゃないし、その親子の対しては何もしてやれない。
ただ母親に頑張ってくださいと心から思うだけである。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんとうにほんの少し知能や身体にずれがあるだけで、生涯に亘って不便な暮らしを強いられると言うのは、神様は罪な試練を与え給うものですよね。
本人の不便は本(もと)より、ご家族の気遣いを思うと心が痛みます。
少しでも快適な暮らしが出来るための行政の手助けも、きっと考えればあるのではないでしょうか。
ちょうど行政に働きかける絶好のチャンスにあるノンキーハイカーズさん、是非大いなる進言をして戴きたいと思います。
きょんば
2014/07/24 16:59
発達障害のあるお子さんは
我家の近くにもいますが、
ゴミ置場の瓶や缶を荒らしたり、
大声を張上げて叫んだりと、
どこに通報して良いモノやら、
困った時期がありました。
その子はもう成人で、
職場に通っているようですが、、、
地域のモノが、
温かい目で見守って上げるしかないのかと
痛感しています。
ロコ
2014/07/25 10:34
そのとおりです。
昔と比べると、日本の福祉関係は向上していますね。放置された人を見たことがありません。中には隔離ということで人の目につかない所にいる方もいます。現実だからそれが最良と判断したわけですから。仕事柄いろいろなケースを見ています。行政もさることながら周りの人々の良き理解も大事ですよね。
きょんばさんへ
2014/07/27 08:07
昔私のの田舎では、その家の人ばかりでなく、地域の方々が目をひからせていました。外に出ていると声をかけ、本人がいなくなったりすると全員で捜していました。その家の人の苦労がよくわかっていたのでしょう。現代もそうあって欲しいと願うばかりです。
ロコさんへ
2014/07/27 08:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
発達障害の親子に対して  ノンキーハイカーズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる