ノンキーハイカーズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 筍…旬の味

<<   作成日時 : 2014/04/20 09:35   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


筍を掘ったから取りに来ないかと友達から電話が入りまた。
早速、鍬と大きな袋を取り出しでかけました。

彼の家の裏山は孟宗だけが凄いのです。
太陽が地面に降り注ぐように不必要枝は伐採し整理し一部には施肥まで。
野菜を作るのと同じように、丁寧に1年間キッチリ管理しています。
また、イノシシに喰い荒らされないように、周囲には竹柵を幾重にも張りめぐり防止。
幅は1メートル以上、高さは人の胸から顎のあたりまであります。
これじゃイノシシも侵入できないと思います。
目の前、鼻の先からいい香りがしてきても断念せざるを得ないでしょう。

ウヒャー大好物がそこにあるのに〜〜ィ。

竹山全体を覆うって感じです。
人が出入りする箇所にはゲートがあり施錠されています。
盗掘防止とか。田舎でも悪い奴はいるものです。

12月になると早取りで収穫し京都、大阪の料亭に出荷しています。
その様子はテレビでも報道されこの時期の風物詩になっています。

ホンの小さな筍。
これがいい値で取引されkg何千円に。
2月、3月は近くの市場に出荷し始め、稼ぎも凄いのです。
筍 御殿も。

この時期には地下からジャンジャンうなるように出てくると表現するように出没。
林道にも崖にも頭をのぞかせるのです。
この時期になるとようやく私達庶民にまわってくるのです。

貰うものはただほどありがたいものはありません。
『じゃぁ 貰っていくよ。ありがとうな』
とこれだけ。

我が家で早速料理の下ごしらえ…あく抜き

米ぬか を5本の指さき一杯に掴み、沸騰した湯に入れます。
米ぬか はたくさん入れる必要はありません。

そこに筍を入れ20〜30分ほど煮る。
途中で箸などで柔らかくなっているか刺し確認。

いい感じの柔らかさだったら、後は5分ほど弱火で。

引き上げて軽く水洗いします。

我が家では冷凍保存し、年間ことあるごとに料理します。
冷凍にすると生椎茸と同じように風味が残ります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お友達の所に竹藪があるとは
羨ましいですね!
やはり一年間そうしてちゃんと
管理しないといけないのですね。

我家も一昨日大きなのを2個買ってきて、
糠で湯がき、一晩おいて、
昨夜は筍ご飯に若竹煮にしたら、
孫達はお替りして食べてくれました。
ロコ
2014/04/20 14:22
トチギあたりでも、筍を食べにいのししが出没するようで、狙われると、綺麗に食い荒らされるといっていました。 でも最近は竹林も手入れしないようですね。
筍ご飯季節を感じますね。
What's up?
2014/04/21 12:54
筍はこの季節には嬉しいご馳走ですね。
ちょうど山椒の新芽も出揃って、蕗と炊いたのに添えると、もう何もなくても満足です。
家のご近所さんの山もイノシシが人間より先に食べてしまって、人間は残り物を食べることになります。
土の中の若い芽竹を、イノシシは良く知っているのですね。
悔しい限りです。
きょんば
2014/04/21 19:09
コメントありがとうございます。
こちらは孟宗だけから普通の細めの筍が出回ってきました。私の家の近くに竹林がありボチボチ取りに行けそうです。
ロコさんへ
2014/05/06 08:55
コメントありがとうございます。
いのししとか猿とか鹿の被害防止はあの手この手を使っているようです。生産し販売路を構築するだけでも大変なのに動物にも頭を使う。なかなか大変ですね。
What’s upさんへ
2014/05/06 08:59
コメントありがとうございます。
そうですよね。いのししは若い筍を狙うそうですね。私が知っている防止柵は経費はかからず完全にいのしし被害をしているようです。ただ作るのには労働力は必要ですが。
きょんばさんへ
2014/05/06 09:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
筍…旬の味  ノンキーハイカーズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる