ノンキーハイカーズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 薩摩 示現流

<<   作成日時 : 2013/04/29 20:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

以下の撮影は毎年恒例・1月1日
鹿児島県陸上競技場である
『太陽とともに走ろう』


示現流演武です。


画像

画像


画像

薩摩で最も行われていた剣法は、お家流儀と唱える示現流です。

この剣法は気合と太刀行きの迅速さを最も重んじて、日常の練習はそればかりである。
長さ7、8尺 (210〜240cm)、太さ拇指(おやゆび)ほどの細い木を50〜60本束にして横にわたします。写真の本数は少ないですが凄い本数です。

手頃な棒を木剣にして渾身からほどばしり出る矢声とともに、めった無性、息のつづくかぎり打って打ちまくります。
これが練習です。
きわめて簡単な所作から、師がなくても見様見真似でかなりのところまでやれます。

薩摩では各部落毎に、l辻や、神社の境内、広場の片隅に、その稽古場がしつらえてあって、百姓でも町人でも練習していたと聞きます。

示現流と対峙した武士は、即 …  死を覚悟して挑んだとのことです。
一撃必殺です。

元旦の日に演武していましたが、初めての人が叩いても弾き返されていました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ただ、打ち続ける練習ですか? 示現流の名前は聞いたような気がしますが、普通の剣術とはだいぶ違うようですね。
What's up?
2013/04/30 09:23
コメントありがとうございます。
気合とともに発せられる声にも驚きます。
気合とともに上から打ち続ける。演武を何回見てもそのとおりです。
What’s upさんへ
2013/05/02 10:49
地域によって、様々な行事?
があるものですね。

規律・礼儀正しさ。子供たちは
そういったことを学ぶ機会が
少なくなったと思います。

伝統は残してゆきたいですよね。
てぽてぽ
2013/05/08 21:50
コメントありがとうございます。
全国には剣の流派はいろいろあると思います。鹿児島ではこの示現流が唯一残っています。入門者を募っています。
てぽてぽさんへ
2013/05/09 09:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
薩摩 示現流  ノンキーハイカーズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる