ノンキーハイカーズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 電報代は安いか高いか…NTTのほかに業者はないのか…桜前線

<<   作成日時 : 2012/04/16 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


先日、訃報がありNTTに電報をお願いした。
電話帳掲載の決まり語句を利用。

一番少ない字数と包装(?)を選択。

案内の方は『2250円』になりますとのこと。
一瞬これは高いと思った。

しかし、配達員のことを考えればこういう値段かもと思った。

昔から電報というとNTTと教え込まれている。

この電報の業界には企業同士の競争はないのか。
この開かれた世の中である。
あるのかも知れない。

あっても知っていないのか。

私の場合は後者になるのでは。

携帯電話からの電報は?
インターネットからの電報?

独占ならば電力業界以上の横綱営業になる。

許可制と採算があいさえすれば力のあるどの業界は参入して、もっと格安になると思うのだが。

特に●猫とか○川急便とか。

=========================

桜の花は日々少なくなっている鹿県です。

桜は
雨が降ると、一斉にハラハラと舞い、地面にベッタリと付く。
それでも、その光景が綺麗と思わせるところが桜の花の美しさである。
水分を含んでも簡単には色合いは逃げない。

小さな花びらの一つ一つが、側溝に吸い込まれる美しさ、
川の表面を覆いつくし流れるさまは、自然の芸術である。

どの花もそうだけど、散りかたが早い。
花の命は短くて、というが。
もう少し、じっくりと、ゆっくりと咲き続けて欲しいもの。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人生を振り返ると、あぁーーー、あの時が自分の華(花)が満開だったのかと、追想するときがある。

20代から30代にかけて駆け足で突き進んだ。

この年代がそうだった。

あの時のページをめくっても、悪い思い出はなかなか浮かばない。

良かったなあーーーと、思うことばかりである。

中には花の香りに似て、プンプン匂う甘いものもある。

中には塩辛い経験が、かえって味のある、濃ゆい思い思い出になったものもある。

人生経験の豊かな年頃という言葉もあるが、いくつになっても難題は降りかかってくる。

人生を語る資格は持ち合わせてないのだけれど、一つ一つ踏みしめていかないとならない。

歩幅は短くても。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
かえり、
桜の花はあっという間になくなるのだけれど、
 彼らにも、彼らなりの華の瞬間があったに違いない。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
NTT以外にあったように思いますが、値段はそんなに変わらないようにおもいましたね。電報と利用者が減ってドンドン高くなったようですね。
What's up?
2012/04/17 09:31
コメントありがとうございます。

そういういきさつがあるのですね。
ウーン!
それでは新規参入はメリットは少ないですね。
What’s upさんへ
2012/04/19 07:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
電報代は安いか高いか…NTTのほかに業者はないのか…桜前線  ノンキーハイカーズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる