ノンキーハイカーズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 得意人・達人・知識人

<<   作成日時 : 2012/04/05 06:51   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 12

画像


『植物の名前に詳しい人』

登山の途中によく見かける木実です。

植物の名前にとても詳しい仲間がいます。
びっくりするぐらいスラスラとでてきます。
あれは何の花、これは何の花、名前の由来まで言うと尊敬するほどです。

『スゴイですねェ〜〜〜』と、言うしかないのです。

こちらは教えられた先から忘れてしまいます。
ノホホンとしている性格なんでしょうか。
自分がなんと情けない奴だと感じる瞬間ですタイ。

興味があるから覚えられるのか。
記憶できる方法があるのか、どうか。
教えて欲しいものです。



画像


『山名に詳しい人』

浦与志岳山頂から見た枯れ木の面々。
あの下を通って登ってきました。

数年前からすると登山愛好家がだいぶ増えてきました。
自称、『登山ギャル』の小娘も多く、
山中でもキャラキャラわめいて?

そういうギャルに限って、まず服装から入り、ピシッと決めてくる。

色とりどりの華やかなウェアーが、蝶のごとく舞っているようです。
地味な服装に縁のあるノンキーハイカーズだけはウットリと見惚れしています。

山の神も「コラァ〜〜困ったワイ」と嘆いていると聞きます。

展望のきく山頂に着くと、山々が霞にかかりうっすらと見れるのです。

ここで、『山の名前に詳しい人』の説明が入るのです。
誰も、「教えてください』なんて言わないのだけど勝手に山名を言う人。
一人悦に入っているのでしょうか。

左の山から順番に、「あれは矢筈岳、あれは紫尾山、あの見えるか見えないようなあの山は天草の何の山、
白髪岳、市房山、……」と。

ウン!!
それは間違っているのではと思う山名もありますが、訂正語《それな違う》なんて言えない。
黙って聞いているフリをするのです。

ノンキーハイカーズは、山の紳士 と言われていますから!!

ここでも、「凄いですねェ〜〜」と、一言、言ってやるのです。
山の紳士の常識ですから。


画像


『山の料理に詳しい人』

鍋登山と称して、下山後に麓の山川でパーテーィとなりました。

今回は、キムチ鍋です。
材料は一人一人持ち寄ります。

山の料理達人が、一人一人に材料を手配してきます。

豚肉、鶏肉のどこの部位とか、○○gとか細かく指示してきます。
国産の肉でないと絶対ダメ!
味付けも、家から事前にこういうふうにしてきてくれ!
手羽元は一人何本ずつ、ウインナーも一人何本ずつ!
人参は野菜は形とか長さとか。
ウルサイ!!

達人は材料にしても。どこで覚えたのか実に詳しい。

達人は、急ごしらえの釜戸を作るときは、見ているだけで顎で指示します。

「あと何センチ掘れ、ホラッ、それで鍋が座る広さか」
「ハイ!誰誰は燃やす木を集めてこい。最後まで残る少し大きめの木も忘れるな」
「ジッとしていないで、車からあれと、これを持ってこい」
「どの肉から先に入れ、この野菜は最後に」
 と、顎言葉は容赦なく出てくるのです。

顎ばっかり出さないでお前も動けよ!!と言いたくなります。

それでも仲間はワイワイ言いながら美味しそうに食がすすみます。

達人は全て自分が一人で作ったみたに言うのです。
「美味しいなァ〜、美味しいだろう」
なんて、誇らしげに、シャーシャーと言うのです。
顔の皮は人の5倍ぐらいの厚さをしていますね。

そういう奴にかぎって、最初に箸を出し、最後に箸を置くのです。
仲間はいつものことだからと、とっくの昔にあきらめているのです。
誰だァー。顎男は。

スミマセーーーーーーーーーーーン!!
こういうバイキンみたいな顎男爵は、ノンキーハイカーズかもしれません!!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
いるんですね。このブログのような人!おもしろいですね。同じような経験や思いを皆さんしているかも。自分がそうだったりするかも知れないと反省もしたりしています。
とてもおもしろく、楽しく読ませていただきました!
木の実
2012/04/05 08:46
いますね、そういう人。私は花や植物に詳しい友人がいますが、彼は常にカメラに納め、名前を調べています。写真も綺麗ですが、珍しい植物を探すのことが喜びだといいます。
What's up?
2012/04/05 09:24
山でキムチ鍋ですか
今風といえば今風ですね
昔、コッヘルなんかもって、山歩きした折には、トン汁とかカレーでしたね
私は植物の名前も、山の名前も全て、覚えられません・・年齢を重ねると余計に
風子
2012/04/05 11:07
許してあげましょう・・。
自慢したい人には一歩譲って・・・。(笑)
そのうちに心広いノンキーハイカーズさんを身倣ってくれることを祈りつつ・・・。
(でも本人は自分の出しゃばりに決して気が付いてくれないのですよね。)
きょんば
2012/04/05 21:48
山に登った後の鍋は、
いろんな講釈は別として最高だったでしょう!
キムチ鍋食が進みますね♪

最近はお洒落な山ガール増えましたね♪
ロコ
2012/04/06 10:06
コメントありがとうございます。

今だからうちあけます。
この3例は、じ、ジ、実はノンキーハイカーズの実像なんですよ。トホホ!
木の実 さんへ
2012/04/08 07:35
コメントありがとうございます。

いまし、います。私の友にも。山中に入ると途端に目を輝かせてあっちキョロキョロ、こっちキョロキョロしていますよ。
そういうときに限って、根っこにつまずき転んでいますよ。
しかし、写真は見事な出来栄えです。
What’s upさんへ
2012/04/08 07:39
コメントありがとうございます。

実は鍋登山のから、揚げ物登山に切り替えようかとも考えています。登山道の山菜とかを材料にする、そうすれば、その山の趣がグッと増すし、山の神も喜でくれるのではと。いつかは紹介したいですねェ〜〜〜〜〜。
風子 さんへ
2012/04/08 07:47
コメントありがとうございます。

ゆ、ユ、許してくれると知って、『山の神』と同じ気持ちなんだーと一安心しましたよ。
『山の神』はデカイ心で迎い入れて、日頃のワルサをお許しになります。特にノンキーハイカーズは目をつけられ、コテンパンテンにやられています。
きょんば さんへ
2012/04/08 07:55
コメントありがとうございます。

ガツガツ食う連中ばかりいますから、困ったものです。
しかし、仲間からは、「お前はよく食うなァー。最初に箸を突っ込んで最後まで鍋をかきまぜている」と。
中には、「よく食うしよく飲むよなァーー。人のビールまで横取りして飲むからな。俺の楽しみを取りやがって」と、横目で睨み付ける譲二さんもいます。譲二さんの流し目はこわいのです。
ロコ さんへ
2012/04/08 08:04
お互いに認め合えながら、競い合える優れた方々の仲間たちのようですね。たのしく、うらやましく思いながら読ませていただきました。
話は変わりますが、私も食べる肉は国内産にこだわってきましたが、牛肉については、今年、オーストラリアのパースに行って、スーパーで買った安くておいしい牛肉を食べて、又旅行の際バスから何時間も続く広い牧草地を見て、独りよがりですがとても清潔そうな感じがして、これからはOGビーフだけはOKにしようと思っています。
れもん
2012/04/11 13:49
コメントありがとうございます。

牛の産地表示について。
例)日本からの牛の精子をオーストラリアの持ち込んで成牛まで飼育する。その生体牛を日本に持ち込んで、出荷する直前まで飼育して日本産として表示している肉もあります。
OGビーフは脂肪分が少なくて、美味しいですよね。
れもん さんへ
2012/04/11 15:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
得意人・達人・知識人  ノンキーハイカーズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる