ノンキーハイカーズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 里芋の栽培方法‥小面積での栽培方法

<<   作成日時 : 2012/03/22 07:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


昨年から畑の中に埋めていた里芋‥‥種イモ用

品種‥‥赤目
ホクホクして柔らかい
先端に赤っぴ芽が出てきている
全部で38個
販売店で買う物より大きい
種イモは大きい物ほど立派な里芋ができ収穫も多い

画像


小さい畑面積を念頭にみてください
ご覧のとおりマルチの幅 95cm に(植え付け場所)が2つある

普通ならば、溝は1つで畝幅 70cm以上
狭いから 40p 間隔で2列

これで十分で多くの収穫が可能

深さ 30cmの溝
これに肥料を入れ、土を被せ、種イモを置くから丁度いい深さ

画像


1週間前に苦土石灰を作付面積全体に施す

当日は元肥をタップリ
 + 888(窒素、リン、カリ)少々
画像


目印の入った棒
自作で10cmずつのテープを貼る
狭い畑に小面積には意外と役立つ

画像


白いビニール紐がある
この真下に肥料を入れた溝がある
こうした方が土を被せた後、種イモがピシッと溝の上にくる

画像


黒マルチを使用

利点
@南国鹿児島といえど、遅霜が必ずある‥‥遅霜防止
A地温を上げて発芽を助長する
B乾燥防止
C雨水が集まり安くながく保持できる
D雑草防止
E発芽の促進

マルチは里芋が発芽して10cm位になったら取り除く
なんといっても、E発芽の促進
梅雨前にある程度大きくして長雨に耐え、病害虫防止したい

 梅雨入りまでの初期育成が肝心

画像


「頑張れよ」と声掛け種イモ植える

元肥に当たらないように
ここまで
  深さ30cm
  土を被せ
  種イモ

種イモには5〜6cmの土を被せる
深植えは禁物


画像


終了
マルチに土がモッコリ
ここに里芋がある
40cm間隔

梅雨開け
 夏場の乾燥に注意
 米のとぎ汁活用

追肥の度に盛り土をしっかりする

昨年は50個 作付
今年は56個 作付
里芋の種イモは高い
 10〜12個入り498円

親芋の方が収穫は相当多い
3/1ほど切り、根が出た方を上に向けて植えつける

狭い畑作です
1年間のうち、ポイントとなる野菜は4品

ニンニク
玉ねぎ
深いねぎ(白ねぎ)
ラッキョー


これを連作障害を起こさぬよう計画する

鹿児島の雑煮には里芋のデカイのをゴンと入れる


海老(頭つき)
つけあげ
長 豆 (もやしの長いモノで豆がついている)
一番下に里芋が入っている(餅に隠れているところがミソ)


シンプルで、とても美味しい郷土料理







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
サトイモを植え付けの時期なのですね。
上手く工夫されて
肥料もたっぷり施され、
マルチで育てられるのですね。
ラッキョーも自家製とは吃驚です。
自家製のお野菜が食べられるなんて
最高の幸せですね♪

ロコ
2012/03/22 11:29
コメントありがとうございます。

@自分でつくるので全ての野菜に農薬はゼロです
A年間で野菜の購入は少なくてすみます
B肥料も極力、ポスト2個で作っています。
仕事の合間ですので納得のいく物ができるといい気持ちですね。

ロコさんへ
2012/03/22 14:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
里芋の栽培方法‥小面積での栽培方法  ノンキーハイカーズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる