ノンキーハイカーズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 新燃岳…

<<   作成日時 : 2011/02/03 07:52   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 9

            新燃岳の火口湖

画像


想像だにしない突然の爆発でした。

1日に7色に変化すると言われていた火口湖です。

内のカミサン88 もここだけは一周しました。

多くの方々はが一周はしていませんでした。

何故なら崩落した箇所があったからです。

『立ち入り禁止』の立て札も。

しかし、それをものともせず一周しました。

その場所は上部にありましたので、下の噴気孔のところを
グルッーと周り一周したのです。

危険箇所は、私が手を差し伸べで渡りました。

いつもは強気発言の内のカミサン88ですが、
このときばかりは、

「ヒャー!!ヒヤー!恐い!!恐い!!手を離さないで〜〜」と、

雄たけびを新燃岳一面に向かって叫んでいました。

その声は噴気孔から上がる蒸気にかきけされることなく、
響き渡っていましたよ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
火口の上にはミヤマキリシマが咲き乱れ、弁当を広げて景色を堪能しました。

その時でも、僅かの蒸気は出ていました。



5月のゴールデンウイークあたりに、ミツバツツジのドームができました。

多分、それらも焼き尽くされたことでしょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
噴煙は風向きに左右されます。
冬場の現在は都城方面ですが、夏場は鹿児島市方面でしょう。

そうなると、桜島の降灰と新燃岳の降灰のWWWWWパンチを
見舞うことになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
両火山とも
『屋久霧島火山帯』に属しています。

地下のマグマはつながっている訳だから、一方は沈静化して一方が噴火する。
これが理想ですが。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
有珠山の噴火を経験していますので、心配しながらテレビで新燃岳の噴火の様子を見守っています。噴火の後、全てが灰色になりましたが、動植物の力強く復活するようも目にしました。
湖のほとりから・・・
2011/02/03 10:40
新燃岳はなかなか鎮静化しませんね、自然のエネルギーの大きさがあの高い噴煙に感じます。
周りの方々の生活を思うと心が痛みます。
soreiyu
2011/02/03 17:06
自然は美しくもあり怖くもある・・・、人の存在の小ささをシミジミ感じますね。夏までに鎮静化してくれることを祈ります。
きょんば
2011/02/05 08:53
コメントありがとうございます。

そうですね。

有珠山の噴火もありましたね。
その後どうなっているのでしょうか。
まだ活発に噴火しているのですかね。

湖のほとりから…さんへ  ノンキーハイカ...
2011/02/05 23:56
コメントありがとうございます。

現在は風向きが宮崎方面です。
夏場にかけては鹿児島方面でしょう。
覚悟はしています。
それでも大変です。
soreiyu さんへ   ノンキーハイ...
2011/02/05 23:58
コメントありがとうございます。

今回の大爆発は江戸時代以来と聞きます。
その時は2〜3年続いたらしいですが。
早く沈静化することを願うばかりです。
桜島も供に爆発していますので、大変です。
きょんばさんへ  ノンキーハイカーズ
2011/02/06 00:01
こんにちは・・・。
噴火前の新燃岳、考えられないぐらい静かです・・・。
火口湖、言われなければ本当に綺麗な湖しか思いませんね♪
いのぽん
2011/02/06 11:40
コメントありがとうございます。

そのとおりです。
そりゃ!!
綺麗な湖でもあり風景でした。
ここが全部溶岩で埋まっています。

この風景はもう2度とお目にかからないでしょう。
いのぼんさんへ  ノンキーハイカーズ
2011/02/11 08:22
霧島連山が凄いことになってますね。
丁度3年前の2月23日に硫黄山登山口から韓国岳〜獅子戸岳〜新燃岳〜中岳〜高千穂河原へと縦走して素晴らしい霧氷・樹氷を見ましたので再度訪問したいと思っていたら・・・噴火でお預けです。 今でも思い出すのが新燃岳を半周していた時に強風で立っては歩けず4つ足で這って進んだ事と、新燃岳から中岳へ向かっているときに突風で数メートル飛ばされた事です。 それにしても静かで少しの噴煙を上げていた火口池が今は溶岩の塊で盛り上がってしまったのですね。ホントあの光景がもう二度と見られないのですね。
う〜さん
2011/02/23 21:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
新燃岳…  ノンキーハイカーズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる