ノンキーハイカーズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 矢岳  1131.6mでの再会

<<   作成日時 : 2010/07/29 10:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


                            ー矢岳山頂の名木ー

             晴れた日にも撮影したいものだ



再会というとこうなると予想するであろう。

ノンキーハイカーズは男子だから、多分再会者は女性と。

ノンキーハイカーズは単純だし、暇人の代表だから。

女性の方が印象に残るし、本題にも突入したくなる。

それが人心(ヒトゴコロ)か!!
  

分かる、分かる、ワカリマス!!ヨ!!


残念、男性でした。

期待はずれの方は、この下の文面は見なくていいですよ。


アァーーー見なくても。(ナゼカ強調)




6月の梅雨どきの晴れ間と休日が丁度重なった。

早朝4:00に起床。

顔も洗わず、朝メシ抜きでパッと寝床から出発。

霧島の高千穂河原に駐車。

朝6:00の山中は、まだ暗く霧もかかり5m先が見えない。


誰もこんな日に登ってはこないだろう。


これ正直な話。


先方の霧中の中から、ザクッ、ザクッと足音が近づく。

相手から「オーイ」と声がかかり男性とわかる。

皇子原登山口からの登山者であった。

山猿に似たその登山者は、

『わたしゃ、山が大ーーい好きでござる』と、顔に書いている。


矢岳へのルートに詳しいらしく、同行をお願いした。

山猿さんは健脚の持ち主で、飛ぶように先を行きやがる。

矢岳山頂は、生憎霧山で展望は全くない。

しかし、ミヤマキリシマ、ミツバツツジ、他の花々が、

わんさか迎えてくれた。

そうするうちに、別の登山者が登って来た。

アフリカのサイにも似たその人は、この後大幡山に縦走するとのこと。


この辺にの山中に詳しいらしく同行を願い出た。


山猿さんは昼から晴れ間が覘くとのことで、矢岳山頂にとどまるらしい。


アフリカのサイさんと、竜王山 1175m を過ぎ大幡山に向かう。

アフリカのサイさんが、「もしかすると○○さんではないですかねェーーー」と。

ノンキーハイカーズも矢岳山頂で、

アフリカのサイさんが誰かに似ていると思っていたのである。


案の定、昔の取引先の方であった。

ヒョロ、ヒョロしていたアフリカのサイさんが、

恰幅よく太っていて分からなかったのである。

知らない人、初めて会った人、誰にでも合わせるノンキーハイカーズだ。

これ!!世間の常識。


まさか、アフリカのサイにも似たその人が昔の馴染みで、

矢岳山中で会うとは思いもよらなかった。


今回は人様を傷つけた文面がありました。
お許し下さい。

ちなみに、ノンキーハイカーズの面相は

   『未知の惑星の山猿、アフリカのサイの合体』です。

   お知りおきを。
画像























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
矢岳  1131.6mでの再会  ノンキーハイカーズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる